足つぼ・あんま、指圧、マッサージについて

足つぼ・あんま、指圧、マッサージについて

東洋医学には、針灸療法のような道具を用いる治療法以外に、「手」を用いた手技療法が有る。

 

足ツボもその1つであるが、お腹が痛みが走るときにお腹に手をやり、知らず知らずのうちにさすっていた、頭が痛みが走るときに、こめかみを押していた、など、私たちは我知らずに実行していることが有る。これは「手当て」という医療行為である。
これらの手技療法として、歴史のなかで体系づけられているものに、あんま、マッサージ、指圧などが有る。

 

手で身体の具合をみながら、具合が悪い位置を発見して治療するという点では、三者は同じである。但し、あんまは中国、マッサージはヨーロッパ、指圧は日本で各々(おのおの)誕生し、日進月歩してきたプロセスが有る。またその方法の微妙に違っている。
あんまや指圧は、衣服の上から実践するのが原則であるのに対し、マッサージは裸になって実践し、皮膚に直接刺激を与える。

 

また、刺激の方向もあんまや指圧は、身体の中心から末端へ向かって、遠心性の刺激を与える。一方、マッサージのケースの場合は、身体の末端から中心へと求心性の刺激をプラスしていく方法をとる。

 

手技療法による刺激の方法は、大きく分けて「さする」「もむ」「こねる」「たたく」「ふるわす」「押す」の6つが有る。このような6つの手技に対して、足ツボを初めとする指圧は「押す」、あんまは「もむ」という手技が中心である。直接皮膚を「さする」のがマッサージの基本中の基本であることから、マッサージでは、手のすべりを良くするために患者の皮膚にオイルや潤滑油を用いることが有る。

page top