不眠症とは!

不眠症とは!

不眠症とは昨日1日寝付きが悪かったから、眠れなかったからなるものではなく、慢性的に熟睡できなかったり、布団に入ってもなかなかどうして寝付けなかったり、朝までに何回も目が覚めたりするような症状がつづいている事を指する。
近年、不眠にかんする悩みをもってる人が急増しているようである。不眠症で苦しんでいる人は勿論不眠症でなくても不眠にかんする悩みをもってる人はその倍はいるんじゃないかとされている。
それくらい今、不眠とは問題視されているものなのかも知れない。

 

では、不眠症の定義であるが、シンプルに7時間就寝しているからと云って不眠症じゃないと決断は出きないとされている。
7時間就寝しても本人は熟睡できなかった、安眠できなかったと実感する人もいるし、3時間位の睡眠でも熟睡出きた、安眠出きたと実感する人もいる。こればっかりは個人の実感次第であるため個人差がでてくるのである。
であるから不眠症かどうかの決断は個人の実感している様子から決断して診察していると云う形に為ってるようである。

 

不眠症と云うのはただ≪眠れない≫と云う症状と云う訳でもなく≪病気≫に成る。放置しておいてしまう事で体が慢性的に倦怠感を実感してしまったり、日中居眠りをしてしまったり等、多種多様な事で弊害をもたらせる事になる。

 

また、寝よう寝ようと頑張ってみる事で意識してしまい余計眠れなくなってしまったり、他人に対談じてみたところで「気にしないのが1番」「自身の気持ち次第」等と言われ、余計気になって眠れなくなってしまったりしてしまう。

 

本人にとっては途方もなく深刻な問題になっていきかねないのが≪不眠症≫であるためである。

page top