≪予防医学と健康≫脳梗塞の予防に有酸素運動をする

≪予防医学と健康≫脳梗塞の予防に有酸素運動をする

予防医学には、食事・運動・睡眠など生活習慣または慣例を整えて、健康的な生活を送る、という要素も含まれている。
中でも運動について、日本人の死亡原因トップ3に入っている脳梗塞の予防の観点からお話したいと思う。

 

脳梗塞の予防には、有酸素運動が効果的である。
それは、有酸素運動によって、血圧、血糖、コレステロール値を下げ、脂肪を燃焼して肥満を解消できる効果があるからである。
有酸素運動は、やや急がずゆっくりとした動きで呼吸を取り入れながら実践する。
ウォーキングや水泳、サイクリングなどがそれにあたる。
これらの運動は、血行を促進して、脂肪の燃焼をうながすため、肥満の解消にも効果的である。
逆に、瞬間的に急に力強い力を要するウェイトリフティングや全力疾走などは、血圧もアップし心臓への負担も大きいため、脳梗塞予防としては逆効果である。

 

予防医学の実践として有酸素運動を実践するのであれば、週末に纏めて(まとめて)何時間も実践するのではなく、ちょっとずつでも毎日または1日おきにでも継続するほうが効果が有る。
全身を動かせるもので、呼吸が苦しくならないレベルの強度で行なえる運動が良いだろう。
気温差による血圧の上昇を防ぐため、冬場のウォーキングにはガッチリとした防寒を、また夏場であれば、運動後に急にエアコンの風に当たったりするのはやめよう。
また、発汗による脱水を防ぐために水分補給は忘れずに行なって欲しい。
水分補給を怠ると、血液が粘性を増して血栓ができやすくなってしまうので注意が必須事項である。

page top