コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズが誕生してから、更に1930年代からはガラスと比較して装用感のよい、プラスティック製のレンズが開発されたのだ。
といっても、開発されたのは戦争によるもので、戦闘機の風防に使われるために本来は開発されたものだった。
この素材は、ガラスのものが2から3時間レベルしか使えなかったのと比較して、長時間の装用が可能に成った。
この当時のものは、いまのハードコンタクトと違って、もっと大きかったようだ。
技術が日進月歩してハードコンタクトは小さくなり、酸素を通さなかったものが酸素透過性の高いレンズへと変わっていった。
しかし、酸素の透過率が高ければ高いほど良いのか、というとそうでもない。
変形する率なども高くなり、レンズが弱くなってしまうのである。なので、中レベルの透過率のレンズが良いようだ。
そしてソフトコンタクトレンズも1970年代に開発され、更に利便性を求めて使い捨てレンズやカラーコンタクトレンズが作られた。
ちなみにコンタクトレンズの活用者の割合は、酸素を通さないハードコンタクトレンズが一番少ないものである。
継続して使い捨てコンタクトレンズ、普通のソフトコンタクトレンズ、そして一番多いのが酸素透過性のハードコンタクトレンズのようである。
使い捨ては優秀で便利で、1日のものは安全性も高いのにまだまだハードにかなわないのは、やっぱり値段のためのようだ。
装用感については、ハードコンタクトはソフトコンタクトと比較するまでもないが。

page top