ビタミン・ミネラルの補給の自覚

ビタミン・ミネラルの補給の自覚

ビタミンやミネラルという栄養素は、他のタンパク質などの栄養素と同じように人間が生きていく上でなくてはならないほど必要な栄養素である。
この栄養素が不足してしまうと病気になりやすい身体になってしまう。
たとえばビタミンが不足してしまって生じる病気の代表としては「脚気」という病気が有る。
これはビタミンB1が不足して起きてしまう病気である。
症状としては足が痺れ(しびれ)たり倦怠感があったりするなどの症状が有る。このような症状が発生してしまったら、ビタミンB1を補給するような治療が必要となる。
現代の日本の食生活において、病気になるほどミネラルやビタミンが不足してしまうと言う事は本当に少ないことだと思う。
しかし、食べ物の種類の豊富さゆえにビタミン不足に陥ってしまうという現状も現代ではありえるのである。

 

たとえばインスタント食品や脂っこい食べ物などがそれにあたる。
知らず知らずのうちに、私達の体からビタミンやミネラルが不足してしまっているのである。
また、スポーツをしている人はしていない人に比較して余計に消費してしまうので、意識して補給する必要が有る。
更にミネラルが不足してしまうと、骨がもろくなり骨折をしやすくなってしまうという事態にもなってしまいがちである。
これが年齢を重ねていくと骨粗しょう症になってしまうケースの場合も有るので注意が必要である。
これからは意識をしてビタミンやミネラルを補給していくようにすることが肝心なのだと思う。

page top