<花粉症の食事治療>さばのトマト煮

<花粉症の食事治療>さばのトマト煮

おすすめの花粉症の食事治療をする際の献立を案内する。
「さばのトマト煮」である。
花粉症の食事治療に於いて青魚」と「トマト」は症状をやわらげる効果を発揮する食材の1つである。
その二つの食材を纏めて(まとめて)取る事が出きるこの「さばのトマト煮」はまさに強力なタッグが実現したメニューと云えるだろう。
是が非でも花粉症の食事治療をとっくに行ってる人もこれからの人も是が非でも献立にプラスしてみて欲しい。

 

「さばのトマト煮」の作り方を案内する。
準備する材料は、サバ1尾、ホールトマト1缶、たまねぎ2分の1個をみじん切りにしたもの。
にんにくのみじん切りを少し、オリーブ油大さじ2、塩小さじ2分の1、こしょうと小麦粉とバジルの葉は少々である。

 

初めにさばを3cmくらいの大きさで筒切りにする。
さばの内臓部分を水でよく洗い流すべきだろう。
キッチンペーパー等でさばの水気を拭き取る。
さばに塩とこしょうを少々かけて下味をつけて、小麦粉をまぶする。
フライパンの中にオリーブ油を大さじ1入れて熱する。
さっきのさばをフライパンに乗せて両面を焼いてから取り出す。
フライパンの汚れを拭き取り、オリーブ油を大さじ1入れる。
たまねぎとにんにくを入れる。
弱火でガッツリ火を通していこう。
たまねぎがしんなりなったら、そこへホールトマトを入れて大きいものは少し形をつぶしておくるのだ。
中火で約10分煮込みたいとおもう。
煮込んだら初めに焼いたさばをフライパンにもどして5分ほど煮込みたいとおもう。
煮込んだら塩とこしょうで味をアレンジすべきだろう。
お皿に盛り付けて、お好みでバジルの葉をふりかけてできあがりである。
スパゲティと絡めても美味しいものである。

page top