便秘とプロバイオティクス

便秘とプロバイオティクス

腸内環境をアレンジする事が便秘予防にとっても健康にとっても肝心である事は先に述べた通りである。
その腸内環境は善玉菌と悪玉菌の釣り合いで成り立ってる。
この善玉菌を体の中に増やしていき腸内細菌の釣り合いを維持して病気になりにくい健康な体を作成する事を「プロバイオティクス」と言う。
このプロバイオティクスの機能をもってる微生物を食物から取るとこれが消化管の中で機能して健常化をはかって疾病予防に成ると云うわけである。

 

それではどのような菌をプロバイオティクスと云うのだろうか。
充分に安全性が保証された細菌である事。
本来宿主がそのヒトでありその中の腸内細菌の一員である事。
胃液や胆汁等の攻撃に耐えて無事に腸内まで到達出きる事。
口から入ったものが腸まで到達出きるのは1万分の1の確立だそうである。
更にその腸内で増殖する力がある事。
ヒトの体内で有用な効果を発揮する事が出きる事。
食品形態等で有用な菌数をキープする事。
安価で扱いが容易に出きる事。
以上のように口から取って生きたまま大腸までいき増殖出きる菌である事がプロバイオティクスの条件である。
代表的なものとしてビフィズス菌や乳酸菌やラクトバチルス菌がある。

 

これらのプロバイオティクスに対して待望されている効果としては、消化器官の働きを高めてくれる事がある。
また腸内菌にいい影響をあたえる。
腸内での感染を防ぐ力がある。
体の免疫の働きを高めてくれる。
乳糖による消化性の効果を高めてくれる。
以上のような効果のため便秘にも充分な効果があるのである。

page top